Amazonで上手く売上を伸ばしていくためには?徹底解説!

Pocket

仕入ってどうやるの?初心者にもわかりやすく解説!

今回はこれからアマゾンせどりを始める方は必見。

知っておくべき出品と仕入れの知識についてお伝えします。

 

せどりは非常に人気のビジネスです。

これから始めてみようと考えている人も多いでしょう。

 

しかし仕入れ先と販売先は無数に存在するため、初心者の方はどこを選んだらいいのか悩みますよね。

そんな方にオススメしたいのはアマゾンせどり。

圧倒的な商品数と集客力を誇るアマゾンはせどりと相性ぴったりです。

そんなアマゾンせどりですが、仕入れと出品には注意点がいくつかあります。

そこで今回は

  • アマゾンせどりをする上での注意点と、
  • 仕入れる商品の幅の広げ方、
  • FBAの使い方などについて

解説しますので最後までお付き合いください。

 

なぜヤフオクやメルカリではなくアマゾンせどりなのか

せどりと転売は本質的には同じだが少し異なります。

せどりと転売も、共に卸売業者からだけではなく小売販売店から商品を仕入れて販売するという点では本質的には同じビジネスです。

 

  • 一般的にせどりの場合は商品を定価よりも安価に販売している小売店を自ら探し出して仕入れ、定価前後の価格で販売することを指します。
  • 転売の場合は、人気の新作ゲーム機や人気アイドルのコンサートチケット、cd・dvd などを定価よりも高い値段で販売することを指します。

せどりと転売も共に小売販売店と自身の販売価格の差額を利益としますが、せどりの場合は定価ほどで販売します。

対して転売の場合は、人気商品の相場を自らコントロールしてしまうという特徴があります。

特別なスキルや知識がなくても稼げる Amazon せどり。

Amazon せどりは特別なスキル、それからネットや商品に関する知識がなくても稼ぐことができます。

Amazonせどりを本業にしなくても、サラリーマンの副業でも十分稼げます。

きちんと利益計算さえ行っていれば初月から2から5万円程度を稼ぐことも十分に可能です。

副業の場合はまず月収10万円を目指しましょう。

本業化している方は、個人でも100万円プレイヤーを目指せます。

ヤフオクやメルカリなどのネットオークション、フリマのプラットフォームや楽天のようなネット通販サイトにはAmazonでも販売されている商品も多数出品されています。

今やアマゾンは日本において、最もメジャーなネット通販サイトと言っても過言ではありません。

そのためヤフオクやメルカリ楽天の購入者は、アマゾン価格よりも安いかどうかを判断する節がありますAmazon と大差ない価格であればアマゾンで購入する人が多いのです。

それだけアマゾンにはは信用力があります。

Amazon に出品することで、実際には個人で販売していても購入者に安心感を与えることができるからです。

アマゾンはヤフオクやメルカリと比べて出品・販売に係る手数料は高めですが、さばける個数や相場価格を考えればアマゾンに利があるという場合が多いといえます。

Amazon の最大のメリットは SEO の強さです。

アマゾンはSEO(検索エンジン最適化)に強いと言われています。

商品名や型番を google で検索すると Amazonの各カテゴリーの売り上げランキングや商品ページが検索上位に表示されやすくなっています。

実際にキャノンのプリンターの型番である ip 4300をグーグル検索してみましょう。

するとキヤノンの公式サイトのすぐ下に amazon の商品ページが表示されます。

なぜアマゾンせどりがオススメなのかメリットをご紹介します。

 

アマゾンでせどりをするメリット

受注から配送をすべて行ってくれるFBA が利用できるということ。

amazon には FBA という代理発送サービスがあります。

FBA は仕入れた商品をアマゾンの倉庫に送っておけば商品の管理、それから梱包発送をアマゾン側がやってくれるというサービスです。

その代わり手数料は上乗せになってしまいます。

その分、時間が圧倒的に削減できるので、仕入れ作業に時間を割くことが可能となります。

本業でアマゾンせどりを行っている人はかなりの商品数を販売するので、FBA は必須のサービスとなっています。

また副業で行っている人も月収10万円を超えたあたりからFBA を導入することで、より利益を加速することができます。

せどりの即金性の高さ✕ Amazon の入金の高さ

せどりのほかにもアフィリエイトなど有名なネットビジネスの手法がありますが、アフィリエイトの場合は報酬が発生してから入金されるまで1ヶ月から2ヶ月のタイムラグが生じます。

対してせどりは即金性が高く資金繰りに困りにくいというメリットがあります。

せどりを行うには商品の仕入れなければならないといけないので、初期投資が必要になります。

せどりの仕入れの支払いはクレジットカードで行いましょう。

Amazon の入金サイクルは2週間で、クレジットカードは支払ってから支払いまでに1ヶ月から2ヶ月のタイムラグがあるのでこの時間差を利用して資金繰りを上手に行うことが可能となります。

Amazonの圧倒的な商品の品ぞろえがあります。

アマゾンは設立当初CDやDVDそれから本などのメディア商品を主に取り扱っていましたが、今では食品や化粧品、衣類、家電など多種多様な商品を扱うようになりました。

そのためヤフオクやメルカリ、楽天などのネット上のみならず、量販店などの実店舗からも利益の取れる商品を探し出して仕入れることが可能です。

タオバオやアリババなどの中国サイトから仕入をすれば国内より仕入値をを下げることができます。

また Amazonで販売実績を作れば、いずれは自ら卸売業者と交渉して商品を直接下ろしてもらうことも十分に望めます。

アマゾンでは未使用品を新品として出品できるかどうかというところです。

アマゾンはコンディションガイドラインにおいて未使用品でも新品として出品できない商品を以下のように定めています。

以下の商品はアマゾンで新品として出品することができません。

  • 個人で調達した商品(個人事業主は除きます)
  • メーカー保証がある場合、購入者がメーカーの正規販売代理店から販売された商品と同等の保証(保証期間など)をすでに得られない商品
  • Amazonで調達された商品

つまり、商品の仕入れ先によっては新品として出品できない可能性があります。

未使用品でもアマゾンで新品として出品できない商品について

ヤフオクやメルカリから仕入れるれる場合は注意しましょう。

個人から仕入れた商品というのは、知り合いから譲ってもらった場合はもちろんですが、ヤフオクやメルカリから仕入れた場合も含まれます。

ヤフオクやメルカリはあくまで個人売買の場なので、それらで仕入れた商品はamazon では新品しては出品できません。

ただし特定商取引法の表示がきちんと記載されている出品者は個人事業主なのでそのような出品者からの仕入れは OKでしょう。

また、楽天やヤフーショッピングから仕入れる場合も特定商取引法の表示がきちんと記載されている出品者から仕入れるようにしましょう。

いずれにせよ、万が一トラブルがあった際に仕入先を証明できるように領収書や納品書を発行してからもらえるところからから仕入れる方が賢明です。

メーカー保証がある電化製品の仕入れは注意しましょう。

メーカー保証がある場合、購入者がメーカー正規代理店から販売された商品と同等の保証を得られない商品。

Amazon のコンディションガイドラインには上記のような記載があります。

  • 小売店から仕入れてアマゾンで販売する場合、小売店で仕入れた時点で保証期間が開始してしまいます。
  • また購入者が小売店から直接購入する場合とは、流通経路が全く異なるのでそもそも保証自体が適用されない可能性も考えられます。

アマゾンせどりにおいて、電化製品などを仕入れる場合には十分注意が必要です。

Amazon 仕入れそれからアマゾン販売は NG です。

Amazon で仕入れた商品を、アマゾンで新品として出品することができません。

Amazon にも商品を相場価格よりも安価に出品している出品者がいるので、かつてこのガイドラインがなかった頃にはその出品者から仕入れてアマゾンで相場価格で販売するという方法が通用していました。

ですがこのガイドラインができたことによってその手法を実践することは厳しくなりました。

アマゾン側からするとその手法は、本当に欲しい人に商品がより安く届く事を阻害している行為なので当然の処置と言えるでしょう。

 

メーカーブランドなどの出品規制を解除するには?

Amazon ではあメーカー・ブランドそれから商品単位で出品に規制がかかっている場合があります。

出品規制がかかっている商品は一部の出品者のみが出品することができます。

この項目ではアマゾンで出品規制を解除して仕入れる商品の幅を広げる方法を紹介します。

出品規制がかかっているメーカーそれからブランドの例です。

以下はアマゾンで出品規制がかかったメーカーブランドの一例です

  • BROTHER
  • CANON
  • CAPTAIN STAG
  • CASIO
  • DJI
  • EPSON
  • Ergobaby
  • FUJIFILM
  • ゴープロ
  • NIKON
  • OLYMPUS
  • Panasonic
  • PENTAX
  • リコー
  • SONY

などですね。

ほとんどが有名な家電製品のですね、電化製品メーカーです。

ですが出品規制は新品での出品のみに適用されます。

電化製品は前述の保証の件もあるので、中古出品で利益を取れる商品に絞って仕入れをするとよいでしょう。

おもちゃ類を仕入れる場合には注意が必要です。

キャラクター商品にも出品規制がかかっています。

しかもこちらは新品中古ともに出品規制が適用されます。

例えば、アンパンマン、ガンダム、仮面ライダー、プリキュア、きかんしゃトーマスなどが規制の対象になっています。

今のところキャラクター商品の出品規制は解除されないようです。

amazon せどりにおいておもちゃ類を仕入れる際には注意が必要です。

出品許可申請をして出品規制を解除しましょう。

amazon の出品規制を解除するには、セラーセントラルの出品ページでメーカー・ブランドごと、もしくは商品ごとに出品許可申請のボタンをクリックする必要があります。

とは言っても出品許可申請のボタンをクリックすれば誰でも出品規制を解除できるわけではありません。

amazon の出品規制の解除はメーカーブランドごとのさじ加減によって決まるため、明確な基準はないようなのですがアマゾンでの販売実績が影響する可能性が高いです。

ある程度の数を販売した上で、アカウントヘルスの注文不良率、キャンセル率それから出荷遅延率を高い水準に保つようにしましょう。

まともな商品を仕入れてFBA を使用していれば優良な販売実績を築くことができるでしょう


LINE@ではあなたの質問を受け付けています!

■毎月5名限定!!

LINE@無料相談受け付け中!! 

「起業したい」「副業を始めたい」

「優子のような生活がしたい」

そんなあなたに優子が無料で相談を受け付けます!

他にもLINE@限定コンテンツ配信中!

・リスクゼロで始める現金10万円が手に入る転売術(PDF)(準備中)

・国内転売・輸入転売・アフェリエイト等 ネットビジネススタートマニュアル(PDF)

・リスクゼロで始める現金10万円が手に入るアフィリエイト(PDF)(準備中)

スマホからワンタップで追加できます。

(PCの場合はQRコードが表示されます)

気兼ねなくお問い合わせ可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です