私がAmazonで転売をする理由

Pocket

今日は、私が、Amazonのプラットフォームで物販をする理由についてお伝えします。

 

何故Amazonで物販をしているのか?

物販は文字通り、物を販売します。

自分が物を購入した(仕入れた)価格より高い金額で販売して、商品の差額によって利益を得ることでビジネスが成立します。

ということは、

商品を販売価格より安く仕入れて高く販売する事ができれば、利益が生み出せるシンプルなシステムなのです。

安く売って高く売って利益を取ることは、物販における結果を出すためのベースになっています。

「物を販売する。」

販売できる場所は、今現在、沢山あると思いませんか?

実店舗だと、

自分で賃貸スペースを借りて、そこで実際に販売する。

ショッピングモールに出店する。

商店街の一角で。

ネット上だと、

メルカリ、ヤフオク、ヤフーショッピング、楽天、ラクマ、自社ウエブサイト、ebay、BUYMAなど。

売る場所は沢山あります!

では、何故Amazonで販売しているのかというと、

世界最大のショッピングサイトだからです。

Amazonは世界最大のショッピングサイト

 

では、もしあなたが、自分で一からアクセサリー専門販売のウェブサイトを作ったとします。

WEB制作会社と打ち合わせして半年かけてやっと出来上がった買い物ができるウェブサイト。

デザインもおしゃれに作りました。

とっても可愛くて、これは売れる!!と思って心躍らされる初日!

 

さて、初日のお客さんは何人でしょう?

 

 

 

答えは・・・

 

 

 

 

0人です。

 

しかし、Amazonで出品してみてはどうでしょうか。

 

初日にかかわらず、即!売れました!

 

その差は何でしょう?

 

何故だとおもいますか?

 

答えは、潜在顧客の数!なんです。

物販は実店舗も含め、集客が要になってきます。

お客さんを集めることができなければ、売れないんです。

 

 

下記をご覧ください。

図は、PWCが実施した、世界27か国のオンライン購買者を対象とした年次調査「世界の消費者意識調査2018」です。

「購入はAmazonのみで行う」と回答した割合は14%。

前年に比べて上昇していることがわかります。

 

又、国内の調査では、

オンランショッピングサービスはAmazonを使っているという結果がトップになっています。

 

オンラインの買い物はアマゾン!時代はAmazonなんです。

集客が物販の結果を左右する

 

日から過去6か月のAmazon.co.jpとRakuten.co.jpのアクセスを見比べてみました。

Amazon.co.jp 512億アクセス。

 

Rakuten.co.jp 361億アクセス。

倍まではいかないですが、圧倒的にAmazonのほうが多くアクセスされていることがわかります。

圧倒的な成長力があるAmazonで出品すれば、面倒なSEO対策などなしで、自動的に売れていく仕組みを構築することができるのです。

集客は物販の結果を左右します。

 

Amazonに参入する時期はいつがいいのか?

脅威的な成長をとげるAmazonに参入するにはいつがいいのか?

と聞かれることがあります。

 

答えは・・

 

 

今でしょ!

 

これは、どのビジネスにも共通するのですが、

巨大なプラットフォームがあるが故、日々あいまいなことがルール化されたりします。

なので、早くやって色んな規制が入る前にやったほうがいいのです。

稼げるときに稼ぐ!!!

 

今が一番稼ぎ時ですよ!!


LINE@はネットビジネスの先輩である私のいとこにもサポートしてもらっています!

■毎月5名限定!!

LINE@無料相談受け付け中!! 

「起業したい」「副業を始めたい」

「優子のような生活がしたい」

そんなあなたに優子が無料で相談を受け付けます!

他にもLINE@限定コンテンツ配信中!

・リスクゼロで始める現金10万円が手に入る転売術(PDF)(準備中)

・国内転売・輸入転売・アフェリエイト等 ネットビジネススタートマニュアル(PDF)

・リスクゼロで始める現金10万円が手に入るアフィリエイト(PDF)(準備中)

スマホからワンタップで追加できます。

(PCの場合はQRコードが表示されます)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です